先生

自毛植毛の手術を受ける|負担なく自分の髪が取り戻せます

商品の特徴を比べる

病院

髪は女性の命とも言える部位で、肌のスキンケアと同じように毎日ケアを行なっている女性がほとんどでしょう。女性は基本的に男性に比べて薄毛や抜け毛になる確率が少ないですが、年齢とともに女性ホルモンが少なくなり、代わりに男性ホルモンが増えると徐々に頭皮の色が目立ってくる場合があります。女性の薄毛は髪の毛が抜けるのではなく、髪が細くなってボリューム感がなくなり、結果的に髪全体のハリやコシがなくなっていきます。髪の毛が薄いとおしゃれをしても様にならない上に女性としての自信もなくなります。今は、女性専用の育毛剤が販売されているので、医療機関で治療を受ける前に自分で対策を行ないましょう。女性用の育毛剤には薄毛の原因である男性ホルモンの分泌を抑える成分が配合されているので、ホルモンバランスの調整をしながら美しい髪を取り戻せます。

薬局で市販されている育毛剤には、それぞれ特徴があります。女性用の育毛剤のパッケージには商品によって医薬品、医薬部外品、化粧品と表記されています。医薬品は、国から薬としてしっかり認められている商品のことで、一番高い育毛効果を発揮します。しかし、効き目が強いので人によっては副作用を起こす可能性があり、使用する場合は医師と相談する必要があります。また、医薬部外品は、医薬品に比べると効果は落ちますが、その分副作用が少なく誰でも継続して使い続けられます。効能がきちんと表記されているので初めて使う人でも安心できます。そして化粧品は一定の効果しか得られないので、自分にはどの商品があっているのかしっかりと見極めましょう。